志の歴史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語のむずかしさ

<<   作成日時 : 2007/09/30 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

とある学会に参加していて外国で提唱された概念を日本語で正確にものごとを伝えることは難しく、ゆえに最近は、たとえば英語圏でのものならそのままカタカナで語られることがなんと多いことか、と思ったりした。

私は日本の古文書の原文を読むことができない(読みたいと思って本を買ったりしているが・・)が、明治より前の江戸時代には、日本語は話言葉と書き言葉すら一致していなかったようである。日本語が今のように、政治、哲学、恋愛、果ては自分の病気の症状まで森羅万象を伝えることが可能になったのは夏目漱石の文章以降である、というのが司馬先生の見解のようだ。しかしながら、それでも明治に入ったとき、諸先輩方は、一気に押し寄せる外国、特に欧米の概念、たとえば社会、友情、病院、有名な例では野球、経済など、などになんとうまい日本語を当てはめたものだと本当に感心する。(経済については歳月の中では「意味が違う!」と江藤新平が井上馨に噛みついたことになっている)

明治維新により鎖国が解かれて、産業革命を経た文明社会に一気にさらされ、自信喪失した日本政府高官の中には(前島密だったか?・・)「日本人がこんなに遅れたのは、日本語のせいだ。今後は、英語かフランス語を国語にすべきだ。」とまで言う人が現れたらしい。よく日本語を守り、日本語で諸概念を表わす努力をした明治の人たちの見識の高さには平成の現代人は十分敬意を払ってよいと思う。

翻って、冒頭の話であるが、渡欧や渡米しただけで「学者」といわれた時代には、日本語で咀嚼していた努力を、今は捨ててしまっただけでなく、カタカナ(あるいは、そこだけ原語のつもりかもしれないが、使い方が変だろう・・)で表わすことの方が学識があるように思われるようになってしまったのだろう。

外国では、言葉を非常に大事にする。たとえば米国合衆国大統領演説の原稿などはただの紙だが、側近達によって宝石のように丁寧に扱われる。言葉が世界を動かしている、と感じる瞬間だ。こういった言葉、言語に対する姿勢が日本とまるで違うように思うのは、私だけだろうか。シェークスピアの出現が、現代国語よりずっと早かったからだろうか。しかしながら、源氏物語や枕草子はもっと早かったと思ったりするのである。

「日本語は、全て名詞でできている。名詞を膠のようなものでくっつけて文章が成立している。」という意味の文章を司馬先生のエッセイで読んだ覚えがある。日本語は曖昧な表現をするのに適している言語だ、という意見には反対しない。

だが一方で、「何よりもはじめに教えるべきは国語」というのも真実だろう。

日本人は、当然のことながら日本語で論理を考える。数学者の藤原正彦先生が言われる「大学受験科目で最も論理性が要求されるのは数学ではなく、国語である。」という意見は、まったく正鵠を得ていると思うのは多くの受験生ではないだろうか。

そこに欧米製の言葉が、音だけ保存されてまったく安易に入ってくることに違和感を感じることはないだろうか。そもそもカタカナも、漢字やひらがなと同様に日本語にふくまれているのだから良いのだろうか。

「時代の要請だから変化は止む終えない。」という意見には、反対しうる根拠はあまりなく、「夏目漱石以来、100年か150年の言葉だから、進歩している過程なのだ。」という意見も否定しないが、少なくとも新聞や公共テレビに関係する言葉を生業とする方達には、丸呑みの日本語表現について何とかする努力をしてほしいと思うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日の受験
最近は受験の話題が多く有りますね。中学生の勉強法 基本マニュアル 【ゼロからの特進講座】携行版1123大学受験勉強1117勉強部屋1089ナース勉強1072テスト勉強1065勉強堂1059高校受験勉強法1019勉強集中力1012日本史勉強法997勉強会993英語勉強仕方956子供勉強机952受験勉強方法877中学生勉強...税理士試験のススメ 1日商簿記1級の受験者には、税理士試験の受験科目のうち、必須の会計2科目の受験をお勧めします。簿記論と財務諸表論は、勉強の範囲的には日... ...続きを見る
受験関連の話題
2007/09/30 23:25
大学受験は人生を決めるかも知れません
大学受験は人生を決めるかも知れない大事な受験のひとつです。もちろん、人生はそれだけでは決まりませんが、その大学の間に出会う友人は一生の宝になる可能性はありますよね。大学受験はそれだけに真剣に考えなければならない人生の岐路かも知れません。受験生にとって肝心な志望校選びですが、あなたはもう志望校が決まりましたか?それでは、あなたにとって志望校を選ぶ基準は、どこにポイントを置きますか? ポイントと言っても、たくさんあります。どちらかと言えば、偏差値などで決めてしまっていませんか?大... ...続きを見る
大学受験でリラックス
2007/10/01 11:05
大学受験国語勉強法…入試現代文へのアクセス
こんにちは!大学受験逆転勉強法のTAKENAKAです。いつもコメント、トラバありがとうございます。さて、今回は、河合出版の入試現代文へのアクセスを取り上げたいと思います。この本、評判が良いので買ってみたのですが、評判どおりなかなかいい本です。最初... ...続きを見る
大学受験・偏差値49からの逆転勉強法@京...
2008/01/11 02:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語のむずかしさ 志の歴史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる