志の歴史

アクセスカウンタ

zoom RSS 集中の世界は美しい

<<   作成日時 : 2011/07/30 16:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


       (早めの夏休みに滞在したハワイのホテルのバルコニーから)


最近読んだ羽生善治棋士の本で
少し驚いた文章を紹介します。

東京子ども将棋大会に参加した際に
きちんと挨拶をする、考える力を身につける、と同時に

集中力をつけさせたい

というニーズが潜在的にかなりある
という印象を持たれたようです。

このため、「集中力の高め方」について述べられている中で

集中の世界は奥深いものです。
楽しみながらすこしずつ深い集中を知っていくのが
安全・健全なのでしょう。

浅瀬でも深海でも
見える景色の美しさには変わりはありません。

という文章がありました。

「集中の世界は美しい。」

私は、このような文章を読んだことがなかったので
驚くとともに感服してしまいました。

集中モードの例として
”身の引き締まる思い”
という状態は、集中モードに入っている
とも述べられていました。

ただし、
”身がこわばる”
は、緊張している状態で似て非なるものだそうです。

集中の状態は、たとえば物事を真剣に考えるときのように
精神に緊張を強いられるため非常に疲労する

という、状態としてはネガティブな感覚しかなかった
凡人としては、天才のこの言葉に目が覚める思いがしました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
集中の世界は美しい 志の歴史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる