アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歴史」のブログ記事

みんなの「歴史」ブログ

タイトル 日 時
カカリカン
カカリカン (鳴門の渦潮です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 15:25
後藤新平と保健衛生
後藤新平と保健衛生 (アベノハルカスから見た大阪湾です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 15:09
竹中半兵衛のこと
最近、孫子の兵法が流行りのようで 書店に行くとビジネス本のカテゴリーに平積みで 置いてあったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 11:41
黒田如水のこと 臣ハソレ中才ノミ
黒田官兵衛(如水)の話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/23 09:05
黒田官兵衛のこと
黒田官兵衛のこと (昨年行った 山陰 松江城です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 12:03
年の初めに想うこと
年の初めに想うこと (明けましておめでとうございます。 お正月の夕陽と富士山です。fr; 新江ノ島水族館) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/05 22:26
自衛隊と国防軍
自衛隊と国防軍 (今年の元旦に滞在したホテルからの初日の出です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/24 22:25
竹島のこと;野田総理大臣の会見
最近、日本の領土問題についての 軋轢がいろいろな領海で起きている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/24 23:33
フェルマーの最終定理
フェルマーの最終定理 フェルマーの最終定理 新潮文庫 / サイモン・シン 【文庫】HMV ローソンホットステーション R商品の詳細ジャンル文芸フォーマット文庫出版社新潮社発売日2006年06月ISBN9784102159楽天市場 by ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/19 11:08
鍵屋万助(明石屋万吉)のこと
一つ前の記事に ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/05/12 12:30
えらいこっちゃ侍
幕末に京都の治安維持のために設置された 新選組 という組織は有名である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/12 11:03
政治主導
政治主導 (ハワイのサンドバーです。天国の海と呼ばれてました・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/26 19:34
宮本武蔵の兵法
宮本武蔵の兵法 (ひさしぶりに行ったディズニー・シーです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/26 08:05
NHK大河ドラマの役割
NHKドラマ「坂の上の雲」への 強い懸念については、 第2回分の感想としては ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 19:09
高杉晋作の機略
日本が幕末から明治になり 国を受け取った薩長の指導者達は 驚いたにちがいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 10:46
普天間基地移転の問題
昨日鳩山内閣総理大臣が米軍普天間基地移転について 沖縄の人々と話し合いを持ったことについての報道が 数多くなされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 12:58
坂本龍馬の能力
今年の大河ドラマ「龍馬伝」は これまでの大河ドラマとは趣を大きく変えてリアルなつくりになっている。 NHKのドラマ制作能力は、やはり大したものだと感心している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/03/20 08:01
NHKドラマ「坂の上の雲」第一部評論
(事情により、年賀の御挨拶は割愛させていただきます。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/01 08:01
商機と才覚
現在、未曾有の不況といわれる中 それでも、才覚によって新たな事業を興す若者が いなくなったとは聞かない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/08 09:15
NHKドラマ「坂の上の雲」への強い懸念
今年、NHKは大河ドラマを早くに終了し 特別枠で ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 05:52
御家中
司馬遼太郎先生の ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/01 08:33
無名のひと
よく知られるように司馬遼太郎という人は作品を作るにあたって ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/20 05:22
呉音と漢音 漢字の読み方
呉音と漢音 漢字の読み方 (うみぼたるからの、千葉県側の夜景です。。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/19 19:33
中森明菜さんの歌
人間は、太古から唄ってきたにちがいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/09 10:12
機密の中の日本
かつて日本が帝国陸軍を持っていたころ 陸軍の正規将校の親睦団体として ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/28 10:44
軽舸、白燈を点じて、世界へ去る
軽舸、白燈を点じて、世界へ去る 幕末期において、長州藩は過激な尊王攘夷主義であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 19:52
公の意識
公の意識 日本における ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 13:03
文章の力
文章の力    (明けましておめでとうございます。お正月の金閣寺です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/06 06:02
日本人の名前
今年の大河ドラマ「篤姫」にも登場した 幕末から明治にかけて活躍した ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/20 11:25
人間の條件
人間の條件      (日本に平和がずっと続きますように) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 18:49
威張る話
威張る話    (今日始まった神戸ルミナリエです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/04 23:30
資本主義は社会主義に勝ったか
かつて日本は大唐長安の都を範として 平城京という首都を造成した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/23 18:14
坊っちゃん
明治後の東京は、異常な憧憬を地方からうけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 09:19
二流の人
二流の人 昔、幼い頃は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/08 12:14
コメと陸奥の国
コメと陸奥の国 最近は、テレビでも時々紹介するようであるが 明治政府がこんにちの都道府県をつくるとき ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/19 10:16
この世の値段
この世の値段   (舞子公園からみた明石大橋です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 07:23
十面埋伏の陣
十面埋伏の陣   (土佐高知城です。。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/21 12:52
まず猿真似から
まず猿真似から            (明石海峡にしずむ夕陽です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 06:41
それ剣は瞬息
それ剣は瞬息 幕末に近いころ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 08:57
英雄の条件
英雄の条件 (お盆休み中に滞在したホテルです。。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 08:26
運命の一弾
日露戦争は、日本の国力ぎりぎりで戦った戦争であり 紙一重の差でようやく勝った。 (というより、ほとんど破綻寸前で有利な講和条件で終結できた) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/13 05:45
民の声
民の声 「民の声」は「神の声」(ラテン語でVox populi vox Dei) いうことわざを聞いたことがある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/03 12:48
人を育てること
人を育てること 戦国の武将伊達政宗は、梵天丸といわれた年少期は、 臆病で気おくれする性格であったという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/02 08:17
「やめる」という選択
「やめる」という選択 (紀伊半島の橋杭岩の写真です。天気悪いですが・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/08 08:46
アボルダージュ
アボルダージュ (宮古湾の写真です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/01 06:12
尊皇攘夷
尊皇攘夷 (伊勢志摩の海岸線です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 18:04
日本国憲法
日本国憲法 (志摩賢島で滞在したホテルです。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/05/18 19:23
伊勢神宮
伊勢神宮 (伊勢神宮を流れる五十鈴川です。) 神道に、教祖も教義もない。 畏れを覚えればすぐ、そのまわりを清め、みだりに足を踏み入れてけがさぬようにした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/05 09:32
菊一文字
菊一文字 その真偽は疑われているが、新撰組一番隊組長沖田総司の佩刀が ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/28 13:36
宸翰
宸翰 宸翰(しんかん)とは天皇の真筆のことをさす。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/26 12:48
アームストロング砲
           (4斤山砲の写真です。) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/04/26 07:41
節義
(家のそばで満開の桜です。陽気な春ですが、いろいろあって気が晴れません。。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/05 11:07
出雲王朝
全く納得いかない会社の人事に関して ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/15 19:42
痛みを感じる政治家
江戸時代の末期に大阪の北船場において蘭医学の適塾を興した緒方洪庵は、 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/02 06:00
時勢
時勢とは、読んで字のごとく 時の勢い ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/23 07:17
歴史に現れる3人の人
歴史が大きな転換期を迎えるとき 3人の人間が現れるという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/17 08:21
野党勢力
(写真は、日本海海戦で連合艦隊参謀秋山真之が作戦の参考にした村上水軍のお城です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/09 08:58
錦の御旗
言うまでも無いが 錦の御旗 とは官軍の持つ朝廷の旗であり、転じて大義名分のことを言ったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 09:06
時代の変わり目
昨年の大河ドラマ「風林火山」は、武田信玄に仕えた山本勘助という人物が主役である。 「甲陽軍艦」という書物に現れる軍略家であるが、その存在については賛否が分かれているようである。 ちなみに「桶狭間の戦い」の場面で織田信長が出てくるかと思ったが、影絵のようなものだけで、誰が演じているか分からなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/23 00:35
ゴールデン・パラシュート
        (写真は、お正月の瀬戸内海です) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/03 09:01
司馬史観からのエネルギー論(詳細版)
司馬先生の「街道をゆく」のなかでの「砂鉄のみち」において、司馬史観からの独創的なエネルギー論が述べられています。 (タイトルは、鉄器生産の内容ですが、私はこれは再生可能なエネルギー源である木の存在と歴史との関係について述べたエネルギー論であると解釈しております。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/24 05:26
頼朝と義経
少しまとまった休暇が取れたので、南国のホテルに滞在した。 今回は、そのプールサイドで徒然なまま考えたことを書いてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/21 18:36
仏性
大乗仏教においては、いわゆる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 07:02
日本人の独創性について
かつて、日本人は ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 20:28
騎兵
現在の軍隊編成にはすでに無いが、かつては「三兵戦術」といわれる 歩兵、砲兵および騎兵により軍隊は成立していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 04:30
天才の世紀
ヨーロッパでルネサンスが起きた、14世紀〜16世紀、特に16世紀は 「天才の世紀」 と呼ばれる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/18 22:55
位打ち
古くからの宮廷や諸権力の対外敵の対処方法として 「位打ち」 というものがある、と司馬先生の作品で紹介されている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/18 21:20
剣の使い手
司馬先生の作品の中には剣の使い手が数多く出てくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 17:37
生死観について
当然のことであるが、人間は必ず死ぬことになっており、これについてはどんな人であっても例外は無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 06:50
歴史に学ぶこと
かつてある政府系の研究機関に勤めていたころ、 上司から 「歴史に詳しくても、実際には何の役にも立たないよ。」 と言われたことがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/04 23:19
将器について
司馬先生の小説の中では、何人もの歴史上の人物像を通して人の上に立つ人の条件が語られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/03 09:48
司馬遼太郎先生についての私(わたくし)的評論
司馬先生は、基本的に学校が嫌いであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/24 00:12
一歩の距離
日曜日のNHKスペシャルを見て、全くやりきれなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/23 02:59
人の成り立ちについて
「人というのは、人間関係で成り立っている。もし、人から人間関係を取り除けば、内臓と骨格を持った存在にすぎない。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 15:00
正義について
城山三郎氏の小説「大義の末」では、太平洋戦争で軍の中で読まれてた「大義」と戦争が終わった後の「大義の末」について書かれている。その中で「大義の末は衝動的な抜け殻だ。」と言っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 11:59
司馬史観からのエネルギー論
 司馬先生は、時折江戸期以前、特に中世の日本の鉄の生産量と日本の気候の関連について述べられている。すなわち、日本の気候がモンスーンであることから再生可能なエネルギー源である木が供給が、砂鉄を材料とした日本の製鉄の生産量を継続的に維持した、という説である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/20 00:38
遥か司馬遼太郎先生
数あるブログでも扱っているであろう司馬遼太郎先生について思うところを書いていきたいと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/18 12:40

トップへ | みんなの「歴史」ブログ

志の歴史 歴史のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる